ヒフミドとエトヴォスのセラミディアルモイスチャーの違いを比べて気づいたこと

ヒフミドとエトヴォスのセラミディアルモイスチャーの違いを比べて気づいたこと

あなたは、セラミドという言葉を聞いたことがありますか?

美容業界でも注目されていますし、化粧品のCМ等でもセラミドという言葉がよく使われているので、聞いたことはあるという方が多いかもしれませんね。

セラミドは、肌の内部に生まれた時からあり、肌の健康維持のために必要な成分です。

しかし年齢とともに減っていきます。

肌トラブルやエイジングサイン等は、セラミド不足が原因と言われています。

足りないからトラブルが起こるのならば補充してあげればいい!と思いますよね。

では、どうやって補充したら良いでしょうか?

今回は、セラミドを補えるアイテムを紹介します。

1つは「ヒフミド」です。

もう1つは「エトヴォスのセラミディアルモイスチャー」です。

それぞれ詳しくお話したいと思います。

まずヒフミドには、ヒト型セラミドが4パーセントも入っています。

これは、かなりの高配合です。

それだけたくさんのセラミドを補うことができるので、肌の弾力やハリ感も上がることが期待できます。

しかもヒフミドには、セラミド1,2,3という3つのヒト型セラミドが入っているので、肌の潤いを助けてくれます。

続いて、セラミディアルモイスチャーですが、こちらもヒト型セラミドが入っています。

ヒト型セラミド1,2,3,5,6と5種類入っています。

入っている種類が多いので、それだけセラミドの力を実感できそうですね。

特徴や違いは以上となります。

さて、どちらを使ってみようか迷いますね。

ヒト型セラミドの種類を比較すると、セラミディアルモイスチャーが多いですが、コスパ面ではヒフミドの方が良いと思います。

共通していることは、両方とも肌に優しく負担がないので、どなたでも安心して使えるということです。

また、ヒフミドの種類についてお話しましたが、たくさんの種類が入っている方が必ず良いとも言えませんし、反対に高配合の方が必ず良いとも言えません。

やはり使う人の肌との相性や使い心地といった好みもあると思いますので、まずは気になる方から使ってみて、自分に合うと思う方を、使っていて好きだなと思える方を継続してお手入れに取り入れるとより良いと思います。

また、両方ともお試しのセットがあるので、そちらを使ってみると気軽にお試しができると思います。

最後に、ヒト型セラミドという言葉が何回も出てきましたが、セラミドの中に人の肌の構造と同じセラミドがあり、それを「ヒト型セラミド」と呼びます。

両方ともヒト型セラミドが入っているので、その点にも注目してくださいね。

私も最近肌トラブルが多くなり、年齢肌も気になってきていて、鏡を見るのが憂鬱になってきているので、どちらのアイテムを取り入れて毎日のお手入れをしようと思います。

何歳になってもキレイな肌でいたいですよね。

ある程度の年齢になったら、お肌のこととか気にならなくなるのかなと若い頃は思っていましたが、そんなことはありません。

反対に年齢を増すごとに、肌トラブルが増えてきて、年齢肌も感じるようになり、どんどん肌のことが気になるように私はなってきました。

鏡を見てため息をつく毎日から解放されたいので、ヒト型セラミドを補って若い頃のような肌を目指したいと思います。

ヒフミドセラミドで保湿力アップで潤う美肌になった

エトヴォスのセラミディアルモイスチャーの口コミ効果!

u

関連記事: