鼻下のムダ毛処理後が青いのを改善

鼻の下に生えるムダ毛を剃ると、青くなってしまい、ヒゲのように見えるのが悩み…という女性ってけっこういるんです。

色白な人の場合、鼻の下は皮膚が薄いので、剃ったり抜いたりしてムダ毛を処理することでさらに薄くなり、透明感が強くなって、皮膚の下の太めの毛根と皮膚が重なって、青く(緑っぽく)見えてしまうんです。

色白で透明感のあるお肌は羨ましいですが、こんなウイークポイントもあるんですね><

皮膚が薄くなくても、男性ホルモンが増えると毛根が太くなるので、青(緑)っぽく見えやすいです。

女性ホルモンに似た成分のイソフラボンをたっぷり含んでいる、豆乳や納豆などの大豆食品を積極的に食べるといいです。

なお、胃腸が弱っていたり子宮が弱っていても、青(緑)っぽく見えることがあります。
皮膚を丈夫にするためにも、胃腸や子宮を強くするためにも、食事が大切です。

私たちの体は、普段食べているものでできています。
皮膚の素もそうです。バランスが良い食事ってとても大切なんです。

皮膚が丈夫になって、毛根が小さくなって、青く緑っぽくならないようになるまでは、薄めの黄色系のメイクなどでカバーするといいです。
濃く白いメイクすると反対に目立つので、薄めのメイクがいいですよ。

そして、ムダ毛を剃りすぎないことです。

気になって頻繁に剃れば剃るほど皮膚が薄くなって、毛根が太くなりやすく、緑っぽくなってしまいます。

よく【毛を剃ると濃くなる】といわれたりしますが、実際には濃くなっているのではないんです。

しかし、剃ると毛の表面積が広がるので濃く見えます。
そして剃ることで皮膚が傷つくので黒ずみやすいです。

顔の皮膚は敏感ですし、できれば剃刀などで剃らない方がいいです。

剃りたい時でも、多くても週に1回くらいまでにしたほうがいいです。
カミソリや電気シェーバーで処理した後は、十分に保湿が必要です。

それでもすぐに生えてきますし、青く見えたり黒っぽくみえたりしやすいですね。

ですから、ムダ毛処理後の保湿剤の代わりにコントロールジェルMeを塗るといいです。
塗り続けると、毛を細く薄くしていってくれます

しっかり保湿してくれるので、処理あとが黒ずんだりするのも防ぎます。

私も、リピートして使い続けているのがコントロールジェルMeです。
顔は、洗顔後に化粧水代わりに使っていますよ。

今は、鼻の下のムダ毛は、処理しなくても大丈夫になっています。
青くも黒くもないです。

気長に1日2回塗り続けるだけです。
保湿しながら抑毛して美白もしてくれます。
レビュー→NEWコントロールジェルMEは肌にやさしい抑毛ジェル

肌に優しい成分なので肌が弱い方や、お子様でも安心して使用できるムダ毛処理アイテムが、
コントロールジェルMeです。

新しくなって、さらにパワーアップして小じわ改善にも役立っていますよ。

顔だけでなく全身のムダ毛に使用できますが、ワキや足などの濃くて太い毛には、
効果を実感するまでに少し時間がかかります。

早い人で2週間くらいです。遅い方は60日くらいかかります。

なので剛毛の処理には、剃刀や電気シェーバーなどで処理をしたあとに、コントロールジェルMeを塗るようにするといいです。

ムダ毛処理の回数がグッと減って、そのうち剃らなくてもよくなります
公式サイト→小さいお子様にも使える⇒天然植物成分が主原料 ムダ毛対策ジェル!

0-02

関連記事: