腸内が健康な場合の便は?

便秘をしていると、ニキビや吹き出物ができやすくなったり悪化したり、肌荒れしたり、肌のツヤがなくなったりしますよね。

お肌の調子が悪くなるだけでなく、便秘は健康にも有害なのです。
たかが便秘とあなどってはいけません!
美肌と健康のためにも、便秘を解消したいですよね。

先日テレビを見ていたら【健康な便】についてやっていました。
健康な状態の場合、便の量は1日にバナナ2本分だそうです。
1日にバナナ2本分って…相当な量ですよね。

それよりもスタジオで皆さん吃驚していたのが便の色です。
色鉛筆やクレヨンにある黄土色…あんな色です。
殆ど全員が、こんな色の便はしたことが無いと言っていましたよ。

便の色=茶褐色というイメージが強いですよね。
犬や猫などのペットを飼っていると、だいたいそんな色ですし…。

でも人間の場合、茶色い便は肉の摂り過ぎだそうです。
肉を消化するのに胆汁が多く分泌されるので、便が茶褐色になるのだとか。

女性は便秘の人が多いですよね。
1日バナナ2本どころか、週に数回とか、酷い場合は10日に1回とか、
長い間、腸内に便を溜めこんでしまっている人がいるんです。

便秘になると、体内に老廃物を溜めこんだままの状態になります。
本来体外に出されるべき毒が、体内に残るとどうなるのでしょう?
考えると怖いですよね…(^^;

ます、血液中に老廃物が再び溶け込んで、血管を通じて全身をまわります。

そして外に出ることができない毒素を排出しようとして、
皮膚から毒素を排泄しようとします。

排泄すべきものが増えすぎてしまった状態なので、皮膚の排泄機能が低下します。

そして毒素が毛穴に詰まりやすくなって、ニキビや吹き出物になってしまうのです。

さらに便秘になると自律神経の働きも悪化するので、血流が悪くなって新陳代謝がおちて、肌荒れしやすくなるのです。

便秘にならないように、腸内環境を改善するには、善玉菌を増やすことです。

腸内に悪玉菌が増えているから便秘になって、肌荒れを起こし、
お腹が張って苦しいのです。

いくらデトックスをしても、腸内環境を改善しなければ、
ただの一時しのぎでしかありません。

便秘改善には、野菜や果物に含まれる食物繊維や、
善玉菌を増やす乳酸菌のヨーグルト、植物性乳酸菌のぬかづけや、
納豆、甘酒、味噌や麹などもいいです。
昔ながらの日本の発酵食品は、お腹に良いってことですね。

善玉菌の餌になってくれるオリゴ糖も積極的に摂りたいですね。
オリゴ糖を含む食べ物は、てんさい糖、ハチミツ、バナナ、きな粉、お米などです。

オリゴ糖がいいと言っても、カロリーが高めの食品が多いのが、
玉にキズですよね。

私が今でもずっと継続しているオリゴ糖の健康食品は、
カイテキオリゴというオリゴ糖健康食品です。

カロリーも低くて腸内の善玉菌を増やすのでニキビ改善など肌荒れケアにも良いのです。

便秘改善でデトックス効果もあります。
レビュー→カイテキオリゴの効果体験の口コミと快便になる仕組み

便秘が改善して、お肌の調子も良くなりました。
すごく気に入っています♪
健康な便になりますよ。
カイテキオリゴで便秘改善&肌荒れも改善!

関連記事:


2014年10月13日 腸内が健康な場合の便は? はコメントを受け付けていません。 腸内改善