肘の黒ずみの改善方法

肘(ひじ)は黒ずんだりガサついたりしやすい場所です

自分ではあまり目に入らないので、うっかりしがちですが、気になりだすと、腕を出すのもためらうようになってしまいますよね。

生活習慣で肘をつくことが多いと、肘の角質が硬くなって、カサカサになって黒ずみやすいです。

寝っ転がって肘をついて本や雑誌を読んだり、頬杖をつくのが癖になっていませんか?

私も就寝前に本を読むことが多いので、気がついたら肘がカサカサになって、黒ずみかかっていました。

肘をつく習慣をやめることも大切ですよ。

…とはいえ、就寝前の読書は至福のひと時なので、なかなか改めるのは難しかったです(^^ゞ

硬くなった肘の角質のお手入れは、保湿がポイントですが、そのまま保湿クリームを塗っただけでは吸収されにくいので注意が必要です。

半身浴などでゆったりとリラックスしながらお風呂に入って、肘の角質がふやけてきたら、優しくマッサージして角質を除去して、キレイに洗い流すといいです。

お風呂で肘を洗う時も、黒ずみが気になるからといって、ゴシゴシと強く力を入れて洗うと、逆に肌が痛んで荒れてしまいます。

無添加の石鹸をよく泡立てて、泡で優しく洗うようにしましょう

肘の黒ずみやくすみも改善して顔にも全身にも使えるので、私が毎日使っている無添加のくすみ専用洗顔石けんは、二十年ほいっぷです。
体験レビュー→二十年ほいっぷで顔のくすみを撃退できる理由

入浴時に顔や乳首や肘や膝や脇やVラインなど全身の気になるところを洗っています。
泡立ちがいいのもお気に入りです。
公式サイト→くすみをなくす『二十年ほいっぷ』

明るい肌になって黒ずみもくすみも薄くなっています。

肘でも他でもカサカサしがちで黒ずんでいる時や保湿強化でクリームや化粧水の浸透をアップしたい時は入浴時に洗った後に、みんなの肌潤糖でマッサージをするともっと効果的です。

肘だけでなく顔や全身に使えますし、乾燥した肌のカサカサやゴワゴワだけでなく、痒みも改善してくれるので、肘の角質改善だけでなく全身に使っていて、とても助かっています。

私はアトピーもちで乾燥肌の上、大人ニキビもできやすい敏感肌なのです><
アトピー肌の痒みや黒ずみの解消には特に有効でしたよ。
肌のバリア機能の修復をサポートしてくれます。
公式サイト→みんなの肌潤糖で潤ってアトピーのかゆみも改善

お風呂でマッサージをした後は、顔のお手入れに使ったあとの、無添加の化粧水やクリームの残りを肘にも塗るといいです。

あるいはイルコルポの美白ジェルが、顔も体も兼用できて便利です。
保湿しながら美白する成分が豊富なので黒ずみや色素沈着の改善に効果的です。
☆イルコルポ ミネラルボディシャインジェル☆

合成界面活性剤などのお肌に有害な添加物が入っていると、肌荒れの原因になって、せっかくのお手入れがムダになってしまいますので、
気をつけてください。

お肌のお手入れには、無添加の化粧品を選ぶことが大切です。

まとめると・・
肘の黒ずみを改善してキレイな肘にするためには、肘をつく習慣をやめて、気長に保湿して美白しながら皮膚の修復を早めることです
hiji

関連記事: