白目をキレイにする方法

白目が血走っていたり濁っていると顔の表情も悪くなりやすいですね。
可愛らしさからは、遠のいてしまいます。

白目をキレイにする方法についてです。

白目が普通の白色の場合は、不自然に白くしない方がいいです

もし目が充血して赤くなっている場合は、バイシンという目薬が効きます。

充血をとって、キレイな白目にする目薬です。

充血クリア成分の「塩酸テトラヒドロゾリン」配合で、充血や目の疲れに効果があります。
普通の薬局で売っていますので、探してみてください。

他にも充血をとる目薬は色々出ていますね。

しかし、目薬は充血が酷い時のみ使うようにしましょう。

添加物が色々と含まれているので、毎日使うと目に負担をかけて、良くないからです。

もしも白目が急に黄色くなって身体がだるいようでしたら、肝障害で黄疸になっている可能性があります。
その場合はすぐに病院へ行った方がいいです。

病気ではなく、普段から白目が黄色くて濁りがちな場合は、疲れ目で濁っていると考えられます。

目が疲れると充血もしやすいので、パソコンやゲーム、スマホの操作などを長時間しないように注意するといいです。

緑が多い公園などを散歩したり、キレイな景色を見ると、目の疲れも癒されます。

遠くの緑を眺めると視力が良くなるといわれていますし気分転換やリフレッシュにもなるのでおすすめです。

睡眠不足も目の充血や濁りの原因になります。
熟睡できるように、快眠できる工夫をするといいですね。

眠れない時はホットミルクを飲むといいです。

自分に合う枕を選んだり、ベッドの固さや、寝室の環境もポイントです。

一生のうち、3分の1くらいの時間を睡眠に使用するわけですから、良い睡眠がとれているかどうかは、とても重要なのです。

なかなか眠れない時は、睡眠サプリの「北の大地の夢しずく」を飲むといいですよ。
液体ですがスティックタイプなので持ち運びやすくて外泊時も便利なのです。
北の大地の夢しずくで熟睡でスッキリ目覚め

目に話を戻します。

目の充血を改善するのは、ビタミンCです。
ビタミンCは、ブロッコリーやキャベツ、トマトなど、多くの野菜や果物に含まれています。
キウィや苺もビタミンCが豊富ですね。
buroccori

ビタミンやミネラルを含む野菜などをしっかり摂りながら、良質のタンパク質や脂質、炭水化物もバランスよく食べましょう

普段から食事もバランスよく適量を食べることが、美しい目のためにも、お肌にも、もダイエットにもいいんですよ。

そして白目に良いケアとして特に人気なのは、例えば疲れ目で目が濁っていたり、目の充血に効果があるのは、メグスリノキという樹木です。

なんだかそのまんまの名前の木ですよね(^^

メグスリノキに含まれるタンニンが細菌が増えるのを抑えます。

収れん作用がありますから、ただれ目やはやり目、ものもらい、アレルギー性結膜炎などにも効果があるそうです。

メグスリノキを試してみたい場合は、サプリメントも色々出ています。

おすすめは、目の疲れに良いことで有名なブルーベリーと一緒になっている、
ブルーベリー&メグスリノ木セットです。
利用している人の評価も高いですね。

疲れ目や目の充血が気になる時に、時々飲むといいと思います。
小林製薬のブルーベリー&メグスリノ木セット

疲れ目を改善して、キレイな目で健康に過ごすといいですね。

あとは笑顔で毎日楽しく、ポジィティブ思考で過ごすことです。

顔から受ける印象って、パーツごとのものよりも、表情の方が残りますよ。

明るい表情で笑顔を絶やさない人には、とても魅力的な印象を持ちますよね。

コンプレックスを気にして、暗い顔をしていると、魅力が半減してしまいます。

そして、案外他人は他人のことを気にしていません(^^ゞ

キレイになりたい!と願う気持ちは大切ですが、必要以上にコンプレックスにしてしまう必要はないと思います。

関連記事: