生理の周期に合わせたスキンケア

女性の身体やお肌の状態は、ホルモンの働きによって大きく左右されます。
あまり意識したことがない人も多いと思いますが、
ホルモンの働きを知れば、今より快適に毎日を送れるようになりますよ。

「何となく肌の調子が悪い」
「何となく気分の上下が激しい」などと思うことってありますよね。
その原因はホルモンによるものという場合も多いのです。

ホルモンが大きくかかわるのが生理です。

生理前や生理中のスキンケアは、肌に負担がかかると言われます。

確かに生理前には、肌荒れしたりニキビができやすくなる人が多いんですよね。

お化粧のノリか悪くなったり、敏感肌になったりする人もいます。

もう少し具体的にいうと、女性の身体やお肌の状態は、卵胞ホルモンのエストロゲンや黄体ホルモンのプロゲステロンなどの、女性ホルモンのバランスが深く関係しているのです。

生理の周期に合わせたスキンケアについて説明していきますね。

生理前の1週間は高温期で、肌荒れしやすい時期です。

黄体ホルモンのプロゲステロンが増加して、皮脂の分泌が増えるので、お肌がテカテカになりやすく、ニキビもできやすくなります。

バリア機能も衰えて、紫外線の影響も受けやすいのでシミもできやすいです。

刺激に弱くなっているので、お肌に強い刺激を与えるマッサージなどは、控えた方がいい時期です。

生理前のスキンケアは、肌の様子を見ながら、さっぱりとシンプルなケアがおすすめです。

肌もむくみやすく、便秘にもなりやすい時期なので、野菜を多く食べるように意識して、油脂が多い食べ物は控えましょう。

生理中の1週間は、お肌が乾燥しやすくなります。

血流が悪くなるので、顔色がくすんで見えてしまう人も多いです。

バリア機能も敏感になる時期なので、保湿を充分におこないましょう。

生理痛が和らぐような、ヨガなどの軽い運動をするのは、お肌のためにもいいですよ。

生理中のスキンケアは、敏感になっているお肌にも安心な、お肌に優しい無添加のスキンケアアイテムを使って、保湿をメインにしたケアがおすすめです。

生理が終わったあと10日から2週間くらいは、一番お肌が落ち着いて、体調も良く、アクティブになれる時期です。

リンパマッサージなどをしても大丈夫ですし、新しい化粧品にチャレンジするなら、この時期がおすすめです。

ダイエットをするにも一番良い時期になりますよ。

個人差はありますが、このように女性は生理前、生理中、生理後で、
体調も肌の状態も変わるんです。

「なんだかイライラすると思ったら、生理が始まった」
「生理前なので機嫌が悪い」
みたいな話はよく聞きますよね。
なんとなく気づいている人は多いんですよね。

でも、基礎体温をしっかりつけるようにすれば、基礎体温の変化で、生理の周期や自分の状態などが、前もってわかるようになります。
色々な予定も立てやすくなりますよ♪

生理の周期に合わせて、スキンケアも少しだけ意識して変えるといいです。

そうはいっても、毎回すべてのスキンケアを変えるのは大変ですよね(^^;

なので、例えば生理前は皮脂が多くなるので、クリームをつけずに化粧水と美容液のみにする…というような感じでOKです。

逆に生理中は乾燥してくるので、保湿のためにクリームをしっかり塗って、優しく保護をするといいです。

そして生理が終わったら、パックやマッサージをするようにすると、
かぶれにくいですし、肌の調子も良くなります(^^

少し気を付けるだけで、お肌の調子もずいぶん違ってきます。
そのためには、まず自分の生理の周期を正しく把握することです。

大切なのは、生理前でも生理中でも生理後でも、無添加でお肌に優しい化粧品を使うことです。

有害な添加物が入っている化粧品を使っていては、いくらスキンケアに気を使っているつもりでも、かえってお肌によくありません。

自分にピッタリな無添加の化粧品を見つけて使うようにしましょう。

トラブル肌でも安心して使える優良な無添加化粧品で、私のお気に入りは、オラクル化粧品です。
オラクル化粧品が肌質を選ばないのは何故?

もうずっと愛用しています♪
アトピーでもニキビでもどんな肌質でもどんな季節でも生理中でもいつでもどんな状態でも安心して使えるのがオラクル化粧品です。
花のコスメ「オラクル」☆まずはトライアルキット!

関連記事: