女性が知っておくべき性感染症について

性病=性感染症について、正しい知識と予防は必須です。

知識がなければいたずらに不安になりますし、自分の身を守ることもできません。

特に女性は、性行為に関しては男性まかせになってしまうことも多く、将来出産することを考えても、性感染症のリスクは知っておくべきです。

性感染症(STD)の種類と症状は、一部例外はありますが、基本的にすべて性行為によって感染します。

トリコモナス
性器の痒みや痛みがあり、悪臭を伴う泡立ったおりものが出てきた場合は、トリコモナスという性病の可能性があります。

性交時や排尿時に不快感が出ることもあります。

カンジタ
性器の痒みがあり、白いヨーグルトみたいなおりものが出る場合、カンジタの可能性があります。

これは性行為をしていなくても、元々体内にある菌なので、ストレスが溜まっていたり、体力が落ちて免疫力が低下するとなりやすいです。

性器ヘルペス
性器のまわりに発疹や水泡が出て、痛みや痒みがあります。

クラミジア
おりものが多くなる、下腹部の痛み、発熱。

症状が出ない人も多く、感染に気がつかない場合もあります。

早めの治療が大事です。

膣内まで菌が入ると、子宮内膜症などの原因になりやすいです。

また妊婦がかかると、出産時に赤ちゃんが感染して、新生児クラミジア結膜炎・咽頭炎・肺炎・中耳炎などが起きます。

中でも肺炎は重症化しやすいので注意が必要です。

淋病
男性は排尿時の痛みがひどく、感染に気がつきますが、女性は症状が少なく、放置しがちです。

膣炎や膀胱炎と間違われることもあります。

尖圭コンジローマ(せんけいコンジローマ)
ヒト乳頭種ウイルス(HPV)による性行為感染症です。

イボが性器にできて、増えてくると、痒みが出たりおりものが増えます。

まれに口の中にもできることがあります。

梅毒(ばいどく)

梅毒トレポネーマで発症する性病です。

性行為以外でも、口の粘膜や皮膚の傷口から感染する可能性もあります。

股のリンパ節の腫れ、発熱、関節の痛みが出たりします。

進行すると全身に発疹ができ、最終的には臓器にも腫瘍ができて、神経も侵され死に至ります。

昔は不治の病で、多くの人が命を落としました。

ペニシリンの発見で完治する性病になりましたが、早期治療が肝心です。

母子感染や輸血で感染するケースももあります。

母子感染の場合、子供は先天梅毒となります。

毛ジラミ

小さなケジラミ(1mmくらい)が陰毛にくっつき、性器(外陰部)に激しい痒みが出ます。

陰毛を剃ってケジラミが住めないようにして、キレイにすると改善します。

HIV・エイズ

エイズは後天性免疫不全症候群と言います。

主に性行為により、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)で感染します。

白血病患者の使用する血液製剤での感染もあり、問題になりました。

感染しても発症するまで5~10年以上の潜伏期間があるので、感染に気づかないまま、他者に感染させる危険があります。

発症すると免疫力が低下するので、さまざまな病気に感染してしまいます。

以上が一般的な性病(STD)の種類と症状の例です。

他にも不正出血がある場合もありますから、注意が必要です。

心当たりの症状がある場合は、早めに産婦人科に行って、検査を受けましょう。

男性の場合は泌尿器科になります。

ほとんどの性感染症は、早期に治療をすれば完治します。

とはいえ、妙齢の女性の場合、病院に行くのは勇気がいりますよね。

もしかしたら自分が不安に思っているだけで、勘違いかもしれません。

できれば自宅でこっそり陰性か陽性か確かめたいと思うでしょう。

そんな場合には、匿名で性病検査をするキットもあります。
こちらで確認してみてください。
自宅で出来る性病検査

最近は若い世代の性感染症が増えているそうです。

若ければ若いほど、病院には行きづらいでしょう。

治療をしないまま、性行為を繰り返していれば、さらに多くの人が感染することになってしまいます。

そして、重症化して苦しむのは本人です。

性行為をする場合は、男性にコンドームを使ってもらいましょう。

コンドームは避妊具ですが、性感染症予防にも有効です。

…というより、他に有効な手段はありません。

ピルなどを飲んでいて、妊娠の可能性が無かったとしても、性病に感染する危険はあります。

相手の男性が「性病なんてかかってない」と言っても、簡単に信じてはいけません。

潜伏期間がありますし、その場限りで都合のいいことを言うからです。

コンドームの装着を拒む男性とは性行為をしてはいけません。

そういう男性は【いつも】装着しないで性行為をしていることが多く、性病を患っている可能性も高いです。

そして妊娠の可能性など、女性の身体のことを全く考えていない、利己的な男性だからです。

女性は、自分の身体は自分で守ることが大切です。

仮に妊娠して堕胎することになれば、心も体も傷つくのは女性です。

そして、簡単に身体を許す女性を、男性は大切にしません。

その場ではいくらでも耳に心地良いことを言うかもしれませんが、信用してはいけません。

【男にとって都合のいい女】にならないように、一時的な感情に流されないようにしてください。

きちんと話し合える、大事にしてくれる人とのみ、お付き合いすることです。

求められたら与えたくなってしまうものですが、性行為に関しては、キッパリ拒絶できる強さを持ってください。

自分を大切にしてくださいね。

関連記事: