夏太りの原因は内臓の冷え

夏太りの原因は内臓の冷えも関係があります。

暑い夏はどうしてもなりやすいのが、夏バテです。
夏バテすると痩せてしまうイメージがありますが、
太ってしまうことも多くあります。
夏太りです。

しかし、なぜ夏バテで食欲が落ちているのに
太ってしまうのでしょうか。
0-19

原因は人間の体の仕組みに関係があります。
人間は体温を37℃程度に常に保とうとしているのです。
そのため、気温が低いとたくさんのカロリーを消費して37℃を保ちます。

しかし、気温が体温に近いと
体温を上げる必要がないためカロリーを消費しないのです。
そのことから、人は冬より夏の方が
代謝が落ちて太りやすくなっているのです。

さらに、夏にはかき氷やアイス、ビールと
言った冷たいものを摂ることが多くなると思います。
確かに体が冷えてとても美味しいと思います。

しかし、このような冷たいものも脂肪をため込む原因になります。
ただ単にカロリーが高いから脂肪が付くわけではありません。
脂肪は体を寒さから守る役割があります。

そのため、冷たいものを食べて
内臓を冷やしてしまうと、
そこを温めようとどんどん脂肪が付いてしまいます。

それに夏バテの原因は
内臓を冷やしてしまうことが原因なので、
冷たいものは体に良いことはあまりありません。

夏バテを解消して、脂肪が付きにくくするには
内臓を冷やさないことが大切です。

そのためにはまず、
冷たいものを摂りすぎないことが大切です。

暑い時には冷たいものを摂って涼むのではなく、
扇風機やエアコンを上手に使い
外側だけ涼しくしましょう。

どうしても冷たいものを食べたい時には、
フルーツを食べると良いでしょう。
フルーツは消化するのにほとんど
エネルギーを使うことがないので、
内臓に優しいです。

さらにフルーツにはビタミンやミネラル、
酵素が多く含まれているため美肌にも良いです。
朝に食べるのがおススメです。
0-39

夏だからこそ体を冷やさず、フルーツを
食べて水着の似合うスッキリスタイルを目指しましょう。

★いろいろ注意していてもなかなか
内臓の冷えや冷え性を改善できないときは
デルモッティというハーブティーを飲むのもいいです。
デルモッティで便秘解消で冷えも解決

生姜など温めるハーブがたっぷりなのです。
ぽかぽかになって便秘改善でスッキリダイエットも出来るお茶です。
自然健康茶デルモッティ

*飲みやすくて美味しいと人気です。

関連記事: