保湿と美白の化粧水2種類の優先度は?

スキンケアアイテムにも色々な悩みに特化したものがあって、どれを優先的に選んだらいいのか、悩んでしまうことがありますよね。

例えば保湿を優先して肌全体を改善してくれる化粧水と、ニキビ痕が気になる場合の、ニキビ痕改善のための美白効果の高い化粧水、といったように、どちらも使いたい!というケースもあると思います。

肌全体に保湿化粧水をハンドプレスでなじませた後、美白化粧水をコットンで、ニキビ痕にパッティング…というような使い方をしている方もいると思います。

この化粧水のつけ方で、肌がキレイになっていることが実感できているのなら、このまま続けていけば良いと思います。

でも、使用して1ヶ月たっても効果を実感できず、特に変化がないようでしたら、このつけ方は変えた方がいいと思います。

そしてパッティングは皮膚への刺激が強いので、あまりおすすめできません。

化粧水は手のひらを使って、そっと優しく包み込むようにつける方がお肌に優しいですよ。

またどんな化粧水も、合成界面活性剤などの添加物が含まれていると、どんなにケアしているつもりでも、お肌に逆効果です。

一度自分の使用している化粧水の成分チェックをしてみてください

個人的には、1度に使う化粧水は1種類で良いと思います。

化粧水のあと悩みをケアする美容液を使って、保湿クリームという順がいいと思います。
(化粧水の前に美容液を使う場合もあります)

化粧水だけでも保湿力が強いものであれば、クリームなどは不要かもしれません。

一概に「この方法がいい」とはなかなか言えないのですが、2種類の化粧水を重ね付けするよりも、1種類に絞ったほうがいいです。

2つの化粧水を使いたい場合は、朝と夜で使い分けるのがおすすめです。

そして、その場合美白化粧水は夜に使うほうが良いです。

睡眠中にお肌が回復するからということもありますが、化粧水の成分に、ビタミンC(アスコルビン酸)といっしょに入っていることの多い、ソラレンという成分が含まれている場合、光毒性でシミになる可能性があります。

このタイプの化粧水を昼に使う時はUVケアが必須ですので、注意が必要ですよ。

私も、以前ビーグレンの美白セットを使っていた時は、夜のみビーグレンの美白セットを使っていました。
シワ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビにバイオ基礎化粧品b.glen

朝はオラクル化粧品を使っていました。

当時は化粧水も2種類を朝と夜で使い分けていました。

ビーグレンの強力な美白効果のおかげで、今はホクロもシミも薄くなったので、オラクル化粧品のみで大丈夫になっています。
花のコスメ「オラクル」☆まずはトライアルキット!

ニキビ痕の美白には、食生活を改善するなど、生活習慣の改善も必須です。

自分に合ったスキンケアを見つけるのは、なかなか大変なことだと思います。
まずは、お手持ちのスキンケアアイテムやメイク用品の、成分をしっかり確かめることから始めましょう。

関連記事: