仰向け?うつ伏せ?寝る時の体勢でおすすめは?

寝る時の体勢はどうなっているでしょうか。

仰向け、うつ伏せ、横向きなど、人それぞれだと思います。

一般に仰向けで寝るのが健康な状態といわれています。
でも、うつぶせ寝を推奨する専門家や横向きがいいという専門家もいて、
ちょっと迷ってしまいますよね。

自分が一番楽に眠れる体勢で寝るのが一番いいと思います。

うつぶせ寝がいいといわれても、胸の大きい人やお腹の出ている人は辛いですし、
仰向け寝がいいといわれても、食べ過ぎてお腹が苦しい時などは、
仰向けよりも右側を下にして横向きに寝た方が、胃の出口が下になるので、
消化しやすくなって身体が楽になります。
反対だと苦しいです(^^;

また、咳が出ている時やイビキをかく人の場合は、気道を塞がない、
うつ伏せ寝の方が身体が楽です。
特にイビキがひどい人は、仰向け寝は避けた方がいいです。

そして人間は寝ているうちに何回も寝返りをうつので、身体の向きは変わります。
寝る時の体勢を気にしても、眠ってしまった後は、
無意識のうちに体勢を変えてしまうので、あまり真剣に悩まなくてもいいと思います。

入眠時の体勢を気にして、安眠の妨げになってしまうのは困ります。
ただし、寝返りがうてる広さの確保は必要ですよ。

ただ、うつ伏せや横向きで寝るのは、長く続けていると、
顔の歪みが生じたり、腰や骨盤などに負担がかかります。
改善できそうなら仰向けで寝るように、少しずつ練習するといいです。

どんな体勢でも熟睡できる場合は、仰向けで寝るようにしましょう。
どの向きでもなかなか眠れないという時は、眠れる工夫をしてみてください。

枕の高さや材質をを工夫したり、寝具を見直してみるのもいいです。
睡眠はとても大切ですから、自分に合った快適な寝具を選びましょう。

寝る前にリラックスして、ホットミルクを飲んだり、
100%無添加ハーブがメインの熟睡しやすいサプリの、
北の大地の夢しずくを飲むのも効果的です。
ストレス解消になって疲れもとれる!と口コミでも人気です。
北の大地の夢しずくでぐっすり熟睡

関連記事: