二十年ほいっぷで顔のくすみを撃退できる理由

二十年ほいっぷは、顔のくすみを撃退して
透明感がある女優ライト肌になると口コミでも人気です。
その理由について書きます。

化粧品で美白ケアを毎日しっかりしていても、
肌がくすんでいたのでは効果もわかりづらいものです。

顔のくすみはシミ・シワ・キメを強調してしまい、
実年齢より老けて見られがちです。

憧れのパッと明るい白い肌になるために、
まずは顔のくすみ対策を考えなければなりません。

肌のくすみには2種類あります。
ひとつは皮脂膜のくすみで、
皮膚の表面にこびりついている
汚れが原因のくすみです。

ふたつめは角質層のくすみで、
乾燥した肌がうるおいを閉じ込めようと
角質層を厚くして透明感をなくしてしまうことが原因のくすみです。

皮脂膜のくすみをとるために
洗浄力の強い洗顔料を使うと
必要な皮脂まで奪ってしまって肌は乾燥します。

すると、うるおいを閉じ込めようと
角質層が厚くなり角質層のくすみが生じます。

かといって角質層のくすみを生まないために
洗浄力を弱めると皮膚の汚れが残って
皮脂膜のくすみとなります。

このように、一般的にはどちらかのくすみを取ると
もう一方のくすみが生じるというジレンマがあるのです。

それを解決してくれるのが二十年ほいっぷです。
肌を輝かせる『二十年ほいっぷ』

20nenhoip2

二十年ほいっぷでくすみが消える仕組み

二十年ほいっぷは、直火釜練り製法で
皮脂膜のくすみをとる石けんと
角質層のくすみを生まない石けんを
掛け合わせたことで
くすみのジレンマを解消しました。

直火釜練り製法は、北海道の
石けん職人さんが二十年かけて開発した製法です。
ひとつひとつ手間暇かけて手作りしています。

二十年ほいっぷを泡立てると、
気泡が見えないほど細かく、
手で触ると反発するくらい
とても弾力のある泡ができます
20nenhoip3

その弾力泡が微粒子レベルの汚れまで
くまなく絡め取ってくれるのです。

そして汚れをしっかり落とすと
同時に北海道の美白成分のホエイで
肌にうるおいを与えてくれるので、
角質層が厚くならずにすむのです。

ホエイとはチーズを作る工程で
生まれるうるおい美白成分のことで、
すぐれた栄養素や美容成分を含んでいます。

身近なところでは、ヨーグルトの
上澄み液が「ホエイ」にあたります。

二十年ホイップで1回洗っただけでも
汚れがしっかり落ちるので、
肌は光を均等に反射して
女優さんがライトを浴びたときのような
美しい明るい肌
なれるという感想も多いです。

また、ホエイによってうるおいも
与えられるので厚くなっていた
角質層は薄くなり肌内部のくすみも解消するため、
さらに美白肌になっていくのです。

もちろん顔だけでなく気になる
デコルテなど全身に使えますし、
今はチューブタイプになったので
最後まで清潔に使えます。

くすみをとることで本来の自分の肌の色が
どれだけ明るかったのかがわかると
二十年ほいっぷは手放せなくなります。

私もリピートして使い続けていますよ。
顔も体も全身美白です^^
体は、入浴時に泡立てて優しく洗っていますよ。

美白したい方、くすみやクマや
毛穴の開きが気になる方にぴったりです。
肌を輝かせる『二十年ほいっぷ』



関連記事: