リプロスキンがニキビ跡やシミや毛穴の黒ずみ改善にも効く理由は?

リプロスキンがニキビ跡やシミや毛穴の
黒ずみ改善にも効く理由、秘密について解明しましたよ。

@コスメや美容ブロガーや口コミでも
大人気の導入型柔軟化粧水「リプロスキン」。

このリプロスキンはニキビ跡の改善に良いと
評判ですが、ニキビ跡以外にも
いろいろな肌トラブルの改善ができるのです。

肌トラブルの代表といえば、
ニキビ跡、シミ、毛穴の黒ずみですよね。

これらの肌トラブルは
肌質タイプや発生の原因も各々違いますよね。
それなのに、リプロスキン1本ですべて
対応出来るのは何故なのでしょうか。

これらの肌トラブルの原因は
一見するとそれぞれ異なっていますが、
実は共通点もあるのです。

その共通点とは、
なんと、メラニン色素です。

炎症を起こしニキビが悪化すると、
活性酸素が発生しますが、
この活性酸素から体を守るために、
メラニン色素が生成されます。

このメラニン色素は、
肌のターンオーバーのサイクルが正常であれば、
シミや色素沈着にならずに
徐々に薄くなり、元の肌に戻ります。

しかし、ターンオーバーの乱れによって
老廃物がきちんと排出されず、
古い角質層が剥がれずに残ることによって
メラニンが肌に残り、ニキビ跡になり、
それがさらにシミになってしまうのです。

シミの場合も、原因はほとんどが紫外線です。
紫外線が肌に当たると肌が酸化します。
これは活性酸素によるものですから、
ニキビ跡の場合と同様に、
肌を守ろうとしてメラニンが生成されます。
そしてターンオーバーが乱れていると、
うまく排出されずにシミとなって残ってしまうのです。

毛穴の黒ずみの場合は、
毛穴に詰まった汚れや皮脂が原因で角栓ができます。
その角栓が紫外線の影響で酸化して黒ずみになりますね。

これも日常の毛穴ケアが不十分なために起こりますが、
それだけではなく、肌のターンオーバーの乱れの影響もあり、
ただの白い角栓が黒ずみになってしまうのです。

このように、ニキビ跡、シミ、黒ずみは、
いずれも日常生活において、
メラニンを作らないように紫外線対策をして、
肌を清潔にし、保湿することが大事なのです。

その中でも一番大切なことは
なんといっても「保湿」です。
どんな肌トラブルにも絶対にキーワードとして
出てくるのは「保湿」ですよね。

加齢や紫外線により肌が乾燥すると、
皮膚の水分が減り、バリア機能が低下します。
そうすると、皮膚にカサつきや
ゴワつきが出て来てしまいます。

そんな肌が硬い状態では、
どんな高価な化粧水であっても浸透していきませんよね。

そこでニキビ跡、シミ、黒ずみなどの
肌トラブルにも対応できると
評判なのがリプロスキンなのです。

普通の化粧水とはひと味違う
「柔軟化粧水」のリプロスキンは、
肌を柔らかくしてから角質層にまで
水分を届ける化粧水ですので、
どんどん浸透していきます。

浸透していく手助けをしながら、
保湿成分も含まれている化粧水ですので、
ニキビ跡だけではなく、シミや
毛穴の黒ずみにも対応できるのです。

私もリプロスキンを毎日、つけていますが
シミもニキビ跡も薄くなって
毛穴が引き締まってきて黒ずみが消えているのに
びっくりしながらも喜んでいますよ。

また、リプロスキンの成分には、
ニキビ用の抗炎症成分だけではなく、
水溶性プラセンタエキス
「酵母エキス」など
黒ずみやシミを改善し、
美肌をサポートする成分がたくさん含まれています。

なかでもプラセンタはグロスファクターと呼ばれ、
肌の再生力や修復力に期待出来る
成分が含まれているのですよ。
これは、いっそう頼もしいですよね。

ニキビ跡やシミや黒ずみや凸凹が気になる方
ぴったりなのが美白力と保湿力が強い
リプロスキンなのです。
私の場合、1本で2ヶ月以上もちますし
春夏は洗顔後にリプロスキンのみでも
大丈夫なのでかなりお得だなと思います^^
リプロスキンでニキビ跡も消えて赤ちゃん肌になった体験
DSC_0577

関連記事: