マツリカの花でアラビアンジャスミンティー

マツリカ(アラビアンジャスミン)の花が咲き始めてました。

とってもよい香りが、ベランダ中に漂ってます。

幸せな気分に浸りながら、お水をあげました。

花びらを集めてみました。

沖縄のサンピン茶の材料のひとつになります。

アラビアンジャスミン(マツリカ)ティーです。

*マツリカについて詳しく調べました。

マツリカ(茉莉花)は、モクセイ科ソケイ属(ジャスミン、茉莉)
の1種の常緑半蔓性灌木。学名Jasminum sambac。
インド、スリランカ、イラン、東南アジアなどで自生する。
(沖縄の公園などでも植えられているのをよく見かけます。)
サンスクリットのマリカー (mallikā) が語源。
省略形の茉莉は、現在ではジャスミン類の総称とすることが多い。
花は香りが強く、ジャスミンティー(茉莉花茶)などに使われる。

ジャスミンティーは、マツリカの花弁を茶葉に混ぜ、
茶葉にマツリカの香りをつけた後、
花弁のほとんどは取り除かれる。

ハーブオイルやお香などにも使われる。
ウィキペディア(Wikipedia)より一部引用しています。
沖縄のベランダでも、すぐに育ちました。
花もたくさん咲きます。南国のハーブです。

関連記事: