いつから美白ブームに?

その昔【小麦色の肌が健康的で素敵!】
という時代がありました。
40代以上の人は覚えていると思います。

男性も女性も大人も子供も、夏は海に行って、
こんがり小麦色に日焼けするのが当たり前。
日焼け止めよりもサンオイルがメジャーで、
みんなキレイに日焼けしようと頑張っていました。

褐色の肌の南国美人が人気になったりして、
日焼けサロンも大流行しましたね。

美白が主流となっている、
今ではちょっと想像がつかないかもしれません。

少し前にガングロのギャルが流行ったりもしましたが、
あくまでも一部の若い女の子の間だけですよね。
30代40代でガングロの人はいなかったと思います。

今思うと【小麦色の肌】がもてはやされた時代が、
特殊だったのだと思います。
むしろ昔から、白くて美しい肌は、
女性にとってとても大切なものだったのです。

外で朝から晩まで額に汗して働いて、
生きる糧を得なければならない女性は、
色白でなんかいられませんよね。
今みたいに日焼け対策のスキンケアや、
美白化粧品もありませんから。

日に焼けて健康的でたくましい女性より、
色白の方がお嬢様っぽいし、上品に見えるし、
色っぽくて良い…と、
世の男性は思っていたんでしょう。

なので、男性相手の接客業の女性は、
ことさら白粉を塗って、
肌の白さを強調していたのだと思います。

今では男性のための美白ではなく、
自分自身のために、
白くて美しい美肌を目指す女性が多いですよね。

そんなわけで、今注目しているのが、
皮脂膜のくすみを取ってくれて
角質層のくすみを防いでくれる、
メイン成分にホエイが配合された、
美白石鹸【二十年ほいっぷ 】です。
公式サイト→くすみをなくす『二十年ほいっぷ』

くすみをとることで本来の自分の肌の色が
どれだけ明るかったのかがわかると
二十年ほいっぷは手放せなくなります。
レビュー→二十年ほいっぷで顔のくすみを撃退できる理由

関連記事:


2013年10月2日 いつから美白ブームに? はコメントを受け付けていません。 人気商品 美白